FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://soranosakana453.blog59.fc2.com/tb.php/262-752fdcff
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

不思議な認知

明日は学童の親子行事です。ととのなかでは、誘われたことはその日に予定がなければokするというのが鉄則なので、ずいぶん前に出欠を聞かれたときに「行きます」って言いました。

ととがここの学童にバイトとして入った頃は、ほとんどの先生が参加してて、参加しない先生のほうが少なかったし。
みんな今年も参加するんだろうなって思ってたから。

だけど、ふたを開けてみると参加を表明しているのはとと、あや先生、男先生の3人だけでした。
しかも、あや先生と男先生は正規指導員。ととだけバイト。なんか、逆にでしゃばっている気がしてなりません。

しかも、今週はいろいろ会ってしんどいので、できたら明日は行かないで家で休んでいたいのだけど。

一度いくって言ってしまったものを、断るのが嫌なので、行きます。

だんなくんに相談したら「やっぱりいけなくなりましたって連絡したらいいじゃん」って言われました。

明日の行事を取り仕切っている保護者の人も、あや先生も男先生も、ととが自分から言わなかったら、用事はないのにしんどいから行かないって言っていることを知ることはないでしょう。

だけど、ととはうそ言ってるってわかられてしまうって思ってしまうんです。
「いけなくなりました」じゃなくて、「行きたくない」って思ってるってばれちゃうって思うんです。

これは、実は明日の行事のような場面に限ったことではないのです。

3月の小学校の卒業式、、、卒業する子には誰一人ととが行く予定にしているなんて話してないのに、女先生に「行けたら行くかも」って言っただけなのに、ととが行かなかったら卒業生の子に「用事もないのに疲れたからこないなんて、言い訳してる」っていわれるような気がして、ぎりぎりまでイライラして迷ってだんなくんの助言で、よくよく考えてみると、ととが卒業式に行くことは誰も知らないんだから、急に行かないことにしても、子どもたちを裏切ることにはならない。女先生にだけ連絡を入れておけばいいだけだと気づいて結局行かないことにしました。

一度予定に入れてしまうと、それをキャンセルすることを「サボっている」って思ってしまう。
おかしな話です。

なんで、こんな認知の仕方になっているのかなぞですが、どうもととには、話してないことは人には伝わらない、伝わっていない。ととの本心はととが話さないと誰もわからない、、、

と言う点が認知の中から完全に抜け落ちているようです。というか、感覚的に何度繰り返しても学習できないみたいです。

そもそも、予定がない時は他人の誘いを断らないのも、同じからくりから来ています。
予定がないことは言わないとわからないのに、、、
予定がないのに気乗りしないときは断ってもよさそうなのに。

言わないのに、、、予定ないのにって言われちゃう。意味なく断ってるってばれちゃう。
申し訳ない、、、って思うのです。


「どうせととの気持ちなんかわからないでしょう」と言う態度をとりながら、実は内心はわかってもらえているという前提でいるので、ととがつらいとき他人からととをねぎらう言葉がないと「何で何にも言わないのよ」と腹が立つのも、このおかしな認知の仕方が影響しているのかもしれません。

それ以前にととはよく、会話のシュミレーションをします。

今回学童で起こっていることになぞらえて言えば、、、、

こどもがいないととが、今回の永ちゃん先生の妊娠の事を知っていろいろ考えて落ち込んでいます。
そのととの気持ちを察してくれたあや先生が、ととに対して声をかけてくれる、、、。

と言う会話。

ととが主人公で、ととがいいもので。。。そんな会話。。

何度もやっていると、それが本当のような気がしてきます。

だけど現実は、ととは自分の気持ちを素直に人に言わないので、わかってもらえず、ととばかりが悪者になって行きます。

つらいんだったら、きちんと人に話せばいいじゃない。
ただし、時と場合を見て。。。

だけど、ととは誰にどんな風にどんなときに話せば誰も傷つかないで済むか。
効果的なのか、一番自分の気持ちをわかってもらえるか。

その見極め、、大体失敗します。

あや先生に話せばいいのね。と思って、「学童で」あや先生に話してしまい、ほかの人や子どもに聞かれてしまったり、「言わないでね」って伝え忘れて、言ったことが聞かれたくない永チャン先生に伝わってしまったりします。

おそらく人付き合いが得意な人が自然にやっているであろう手続き・・・やはりととはわかってない。

特殊な認知の仕方&状況の読み取り能力の低さ。
後付のものだとしても、直す訓練をする必要はあると思います。

来週から始まる新しい精神科の先生との面談では、その辺を話して、認知のゆがみから来ているのなら、矯正をかけてもらいたいと思っています。
自分ではどう矯正をかけたらいいのか見当もつかないので。
スポンサーサイト

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://soranosakana453.blog59.fc2.com/tb.php/262-752fdcff
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

長いメッセージは、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Extra

プロフィール

魚々(とと)

Author:魚々(とと)
「とと」といいます。普通に生きてるつもりなのに、いつもまわりの世界からずれてしまう、、、。という特徴を持っています。だからとっても生きにくい!!

ここでは、日常に起こるそんな事をつれづれなるままに語ります。

♪元々どっかなんかずれてるところがあるので、なんかへんだな~って思う ことも書いてあるかもしれません。だけどあたたかく読んでくれると嬉しい  な。

♪なるべく思ったことをそのまま書きたいので基本コメント欄はクローズ    デス。。気が向いたときだけ開けるかも知れません。


よろしくおねがいします。




♪このブログに良く出てくるとと以外の人物♪

・だんなくん  ととの旦那さん。ととのよき理解者。自称「せっかちで心配性」だけど、、、、やることリストを作らないと次の日の仕事が不安でできないのでやることリスト作りに1時間かける、子どもの頃はテストの問題におかしい点があると職員室に乗り込んで徹底的に先生と戦い「お前が言っているのは屁理屈だ」と言われる、ちくちくするのが嫌で毛糸の製品は一切使えない、、、など、さかな疑惑をもたれてもおかしくない感覚も持っている(だから、とととうまくいく??)

・女先生    ととの勤める学童の元正規指導員。(10月からバイトに)子どもと一緒にいろんなことを楽しむ姿勢のある基本的には素敵な人。だけど、たまにととには何か理解できない行動をとったり、理解できない発言をしたりする。

・男先生   学童のもう1人の正規指導員。ととより4つ年下。少し頼りない

・あや先生  10月から女先生に変わり、学童の正規指導員になった先生。遠足やおおきい行事の後は、バイトの人へのお疲れ様メールを欠かさない、社会性に長けた人。その点は見習いたい。

・さつきせんせい  学童のバイト仲間。保育士の勉強中なので、発達障害関係の知識が少しある。ASの知識もありマス。

・ゆいちゃん    学童の子ども。ととに異常になついてくれている。遊びがパターン化してる、勝ちこだわりが異常に強い。自分視点で世界を見る。記憶力が異常にいい、言葉遊びが好き、、などASを思わせる特徴がある。言葉遊びはととも好きなので、よく2人で盛り上がる。

・ポプラくん    学童の子ども。いつも声が大きい、あたりが騒がしいときょろきょろして落ち着かない、指示が聞こえてないときがある。自分がすることがわからないとうろうろしだす、、、などの行動をよくしているのことと、目線が合わないので、この子もおさかな??と思うことがある。ゆいちゃんの次にととが良く遊ぶ子。


・鈴ちゃん     ととの妹。1歳半年下。関西在住

・美和ちゃん   ととの妹。4歳下。

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。