Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://soranosakana453.blog59.fc2.com/tb.php/26-98dba1ef
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

どうしても許せなかった言葉

昨日、ととが仕事場で聞いた言葉で、どうしても許せない言葉がありました。

それは、こんな言葉

「片付けられない(部屋が汚い)女の人って最低だよね。」

これは、女先生が3年生のN沙ちゃんと話していた時に、N沙ちゃんに向かって言放った言葉。
ととは、結ちゃんとドンジャラして遊んでいた最中だったから、前後の流れはわからないけど、この言葉だけはハッキリと耳に飛び込んできた。

そのとたんに、ととは激しい怒りを感じてドンジャラに集中できなくなった。
この人は絶対に許せないことを言っている、、って思った。

以下はととが女先生に言いたかった事。

「女先生、それはないと思います。世の中には、普通の人が何も考えないで、簡単にできる事をするのに、ものすごい努力が必要な人だっているんですよ。みんな同じじゃないんですよ。何も問題がないように見えても陰でものすごい努力をしている人だっているんですよ。部屋を片付けるって事は、あなたにとっては簡単なことかもしれない。でも、それだってたくさんの努力の結果なんとか上手にやってる人だっている。努力したって、上手じゃなくて、結果的に「汚く」なってしまう人だっているんですよ。
そういう人がいるっていうこと、考えて発言してくださいね。」

知識が甘いといわれるかもしれないけれど、発達障害を抱える人の中には、部屋を片付けることが極端に苦手な人が多いと言う話題を良く見るので、ととはその通りだと思い込んでいる。
「物が捨てられずに溜まってしまう」と言う話も良く聞く。
発達障害の傾向ありだと思っているととも、御多分にもれず片付けるのは苦手。物も捨てられなくて水曜日の掃除の日までの1週間でリビングの机の上は関係ないもので埋まり、本棚に入りきらない本が机の上を「いつもの居場所」にしている。寝室の電子ピアノは、たんすにしまうのを先延ばしにされた服置き場と化している。
わかっているけれど、綺麗になんか、できない。努力してるけど、、、ととは異常に「ぱなし」が多い。すぐ気付くこともあるけど、気付かない時はずっと気付かない。掃除の仕方だって、いろんな所に寄り道しながらだから、ものすごく、疲れてしまう。

ああ、また脱線している、、何が言いたいのかと言うと。
ととは直感的に「この人は何も解ってない」と思ったのだ。「いともかんたんに、こんなに理解のない言葉を言える人がいる」と言うことに激しい怒りを感じたのだ。

女先生のこの発言は、飛躍しすぎかもしれないけど、
「発達障害を抱える人たちをまるで理解する気がない、そういう人の存在さえ軽視してる、いや、無視してる発言だ」って思ったのだ。
それどころか「バカにしてる」って思ったのだ。

「どうしてなのか、わからない」だったら、まだ救いようもある。でも「最低だ」ときている。
なにが最低なのか。最低なのは、知らないあなたじゃないのか??
あやまってよ。多数派中心の世の中に、たくさん努力してなんとかついて行こうとしてる人たちに、あやまってよ。

そんな風に思ったのだ。

世の中多数派ばかりが正しいわけじゃない。いろんな個性を持った人が生きている。
そんな事を教えていくべき「保育・教育」の場にいる人が、子どもに向かってそんな事を平気で言う。
それが、ととには絶対に許せないことだったのだ。

ととが、結ちゃんと遊んでなかったら、絶対に割り込んで意見していた所だ。

だけど、、、実はちょっととと、自信なかったりする。この発言をした人が他の人でも「わかってないなあ」とは感じたと思う。でも、、、ここまで激しい怒りは感じたのだろうか。
「女先生だから」怒っているのかな。
ここ数日、ととは自分の感情がいつもより増幅しているのを感じる。こと、女先生への攻撃的な感情については手が付けられない。

でも、片付けられない人をバカにして欲しくないって思ったのは本当の事だ。
スポンサーサイト

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://soranosakana453.blog59.fc2.com/tb.php/26-98dba1ef
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

長いメッセージは、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Extra

プロフィール

魚々(とと)

Author:魚々(とと)
「とと」といいます。普通に生きてるつもりなのに、いつもまわりの世界からずれてしまう、、、。という特徴を持っています。だからとっても生きにくい!!

ここでは、日常に起こるそんな事をつれづれなるままに語ります。

♪元々どっかなんかずれてるところがあるので、なんかへんだな~って思う ことも書いてあるかもしれません。だけどあたたかく読んでくれると嬉しい  な。

♪なるべく思ったことをそのまま書きたいので基本コメント欄はクローズ    デス。。気が向いたときだけ開けるかも知れません。


よろしくおねがいします。




♪このブログに良く出てくるとと以外の人物♪

・だんなくん  ととの旦那さん。ととのよき理解者。自称「せっかちで心配性」だけど、、、、やることリストを作らないと次の日の仕事が不安でできないのでやることリスト作りに1時間かける、子どもの頃はテストの問題におかしい点があると職員室に乗り込んで徹底的に先生と戦い「お前が言っているのは屁理屈だ」と言われる、ちくちくするのが嫌で毛糸の製品は一切使えない、、、など、さかな疑惑をもたれてもおかしくない感覚も持っている(だから、とととうまくいく??)

・女先生    ととの勤める学童の元正規指導員。(10月からバイトに)子どもと一緒にいろんなことを楽しむ姿勢のある基本的には素敵な人。だけど、たまにととには何か理解できない行動をとったり、理解できない発言をしたりする。

・男先生   学童のもう1人の正規指導員。ととより4つ年下。少し頼りない

・あや先生  10月から女先生に変わり、学童の正規指導員になった先生。遠足やおおきい行事の後は、バイトの人へのお疲れ様メールを欠かさない、社会性に長けた人。その点は見習いたい。

・さつきせんせい  学童のバイト仲間。保育士の勉強中なので、発達障害関係の知識が少しある。ASの知識もありマス。

・ゆいちゃん    学童の子ども。ととに異常になついてくれている。遊びがパターン化してる、勝ちこだわりが異常に強い。自分視点で世界を見る。記憶力が異常にいい、言葉遊びが好き、、などASを思わせる特徴がある。言葉遊びはととも好きなので、よく2人で盛り上がる。

・ポプラくん    学童の子ども。いつも声が大きい、あたりが騒がしいときょろきょろして落ち着かない、指示が聞こえてないときがある。自分がすることがわからないとうろうろしだす、、、などの行動をよくしているのことと、目線が合わないので、この子もおさかな??と思うことがある。ゆいちゃんの次にととが良く遊ぶ子。


・鈴ちゃん     ととの妹。1歳半年下。関西在住

・美和ちゃん   ととの妹。4歳下。

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。