Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://soranosakana453.blog59.fc2.com/tb.php/225-59a3477c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

結婚式にて思ったあれやこれや

今日は、従弟の結婚式に出席してきました。今まで友達の結婚式には何度か出席したことはあったけど、新郎新婦の「親族」として「普通の結婚式」に出席したのははじめてでした。

(妹の鈴ちゃんは結婚しているけれど海外挙式という裏技を使ったので、普通の結婚式および披露宴ではありませんでした。)

父親(つまり、ととの伯父さんと言うこと。)が転勤族だったために、全国各地を転々としていて、あんまり親しく遊んだ記憶がなくて、付き合いが浅くて思い入れがあんまりない従弟(こんな言い方してごめん、、、。浩介くん(仮名))だったけど、、、、。
「結婚式」に出られるということで、洋服を決めたり髪の毛を切りに行ったり結構前々から気合はいってたんですよー。。

なのに、前日の昨日は何となくめんどくさく感じてしまったり。
自分で自分が何を考えているのかいまいちわかりかねるところがあります、、、。

今日は、、、まー楽しかった、、、かな??
なんか、嵐のようであんまりリアルに覚えてないんですよね~。。
いや、やったことはちゃんと覚えてるんですヨ??
お嫁さんがどんな感じだったとか何色のドレス着てたとか、厳粛な式の賛美歌の途中でいきなり隣にいるだんなくんが「マトリョミンの音階の指使いで、エアーマトリョミン」をやりだしたので、それみて1人で笑いそうになってしまった、、、とか。
だけど達成感はないというか。結婚式に行って来た感がないというか。
そんな感じデス。。。。

そんな結婚式&披露宴で思ったことあれこれを書いて見たいと思います。
長くなりそうなので、追記に書きますね。

結婚式、披露宴を通して、目に見える問題は何にもありませんでした。

そう目に見える問題は
なので、誰からみてもととは普通に問題なく結婚式と披露宴を楽しんでいたと思われているでしょう。

だけど、、、、
他の人から見て問題がないように見えるからと言って、、、、
目に見える問題がないからと言って、、、、
そこに問題が存在しないとは限りません。

ぱっと見て、周囲の人々の中に違和感なく溶け込んで同じ事をしているからと言って、、、
本当に目立たないとは限りません。

たとえ、周囲の人に見えなくても問題は存在するし、違和感もあるのです。
見えなくても存在しています。
周りからわからなくても存在しています。

問題も違和感もありありなのです。目立つのです。

なんだか回りくどいいい方になっていますが、こういうことです。

今日の結婚式と披露宴で、周りのみんなはととは自然に何も考えないでそこにいて参加して楽しんでいたと思っているでしょう。

だけど、ととの中では違うのです。
色々問題はあったし、自分で自分の存在に違和感を感じる瞬間がふっとくるのです。
そして、その瞬間が来ると終わりです。

周囲の中に、、、逆に自分の存在だけが他の物よりも強い輪郭を持って存在しているかのような感覚になるのです。周囲の事がわからなくなるって言ったら言いすぎだけど、、、、自分が固すぎて石みたいで、滑らかに動けなくていろんな所にがんがんぶつかってるような、、、そんなイメージ。
周りにはみんながいるのに、かなりいい過ぎに言うと、周りはみーんなさらさらと景色みたいに流れていって、色が薄くて自分しか捕まえられなくて。自分すら捕まえられなくて。。。
暴走する、みたいな感じといったらいいのか、、、、。暴走が止められなくて、、止めたいけどとめ方がわからない、、、みたいな感じといったらいいのか。。。とにかくそんな感じになるのです。

自分でもそうなのだから、そんな状況で人から何か言われたら、もっともっと混乱してしまう。
そんな感じです。自分の統制をとるスピードに、本当の素の自分のスピードがついていかない。
統制を取るための努力をしているうちにどんどん勝手に暴走してしまう。でも、統制を取らないとならない。自分が2つに分かれてしまったような感覚です。頭の中では統制をとっているつもりだけど、違うことをしている。考えている。そうじゃないってイライラしてる。そのときに他人からその「やってしまった違うこと」についてつっこみを入れられると「あたしだってわかってる!!!やろうとしてる!!!」ってキレてしまいます。一度キレたら、もうゲームオーバーですね。しばらく冷静になれません。冷静になると自己嫌悪です。

どんな時でも、初めのほうは「統制を取るための思考」と「頭の中の普通の思考・行動」のバランスが取れています。だけど、集中力が切れちゃうみたいに、途中でバランスが崩れます。

今日もそうでした。親族紹介→挙式→披露宴(あわせて4時間半くらいですかね)の流れ。
披露宴の途中までは平気でした。
だけど、披露宴の途中でぱちんとスイッチが切り替わるみたいに、集中できなくなってしまいました。

足を組んで座るし、あさっての方向見てボーっとするし。髪の毛をいじるくせが出てくるし。がさがさ落ち着かない気分になって、、、落ち着きがないせいで、いろんな細かい失敗をしてしまいます。
だめだよ~って統制を取ろうとしても、追いつかなくなっていました。

元々、手足を意味なく動かさないで、あくびもしないで、じっとしてるっていうのはととには難しいんです。どうしてみんなはあんなにきょろきょろしないでいるのか、じっとしてられるのか、わかんないんです。ととも、みんなと同じにじっとしてたいんです。でも、無理なんです。やろうとしても、できないんです。本当は挙式の途中でもあくびばっかりしてたんです。

頑張って、じっとしようとしてたんです。でも、無理になっちゃいました、、、。

そして、、、そんな自分が嫌なんです。
みんなと同じようにしようとしてもできない自分が嫌なんです。

真似をしてたって、いつか真似は終っちゃうんです。元々真似だから、無理やりだから、終っちゃうんです。

だけど、真似を続けなくちゃいけないって事はわかってるんです。

だけど、身体も心も言うことを聞かないんです。会話に割り込んじゃうのも、同じからくりから来ています(ととの場合・・・人の話を聞くと統制をかけていても、突然できなくなって、でもそれはダメだとわかっていて)

ととのこの行動が、特性のような物から来るとしたら。発達障害系の人は「空気が読めない」とか「人から見た自分がわからないことがある」って言うことがあるけれど、本当のところはそうじゃないんだと思います。

わかっている。自分が何となく浮いてしまっているのはいたいほど解ってる。

だけど、自分に統制がかけられない。
人と自分が違う事しているのはわかっている。人と同じにしたい。だけど、やり方がわからない。
やり方を探しているうちに行動してしまう。

今の間違ってたんだ、、、って後から気付く。
空気を読もうとしてる。でも、読む暇がない。
よっぽど頑張らないと、読む前に行動してしまう。

周りの人に言いたい。ととに「恥ずかしい事しないで」って言うけど。
ととだって、やりたくないんだよ。やりたくなくって努力してるのに、できないんだよ。
ととだって、みんなと同じように、おとなしく、がさがさしないで、スマートにかっこよく色々したいんだよ。でも、できないんだよ。ととだって、すごく嫌なんだよ。こんな自分。

あなたたちのように器用になりたいんだよ。

今日は、統制ができなくなっているととに注意して(つっこみを入れて)、混乱に陥れることが多い
母と席が離れていて、突込みを入れる人がいなかったので、イライラ爆発、ゲームオーバーにはならずに済みましたが、統制が切れたときの嫌な気分は味わいました。。。。
この感覚を味わわない日は来ないような気がします。

ちなみに司会の人が「新婦側の・・・」とか言うたびにととの頭の中で「新夫」(しんぷ、、つまり夫、だから男)と変換されてしまいどっちかわからなくて考え込みました。そして、ととは「新郎側」の親戚なのですが、たまに本気で「新夫」(しんぷ)側の親戚だと思って、ああ、違う違うと思っていました。。。。

「新郎」「新婦」、、、書いてあるのを見ると一発でわかるのに(爆笑)





スポンサーサイト

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://soranosakana453.blog59.fc2.com/tb.php/225-59a3477c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

長いメッセージは、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Extra

プロフィール

魚々(とと)

Author:魚々(とと)
「とと」といいます。普通に生きてるつもりなのに、いつもまわりの世界からずれてしまう、、、。という特徴を持っています。だからとっても生きにくい!!

ここでは、日常に起こるそんな事をつれづれなるままに語ります。

♪元々どっかなんかずれてるところがあるので、なんかへんだな~って思う ことも書いてあるかもしれません。だけどあたたかく読んでくれると嬉しい  な。

♪なるべく思ったことをそのまま書きたいので基本コメント欄はクローズ    デス。。気が向いたときだけ開けるかも知れません。


よろしくおねがいします。




♪このブログに良く出てくるとと以外の人物♪

・だんなくん  ととの旦那さん。ととのよき理解者。自称「せっかちで心配性」だけど、、、、やることリストを作らないと次の日の仕事が不安でできないのでやることリスト作りに1時間かける、子どもの頃はテストの問題におかしい点があると職員室に乗り込んで徹底的に先生と戦い「お前が言っているのは屁理屈だ」と言われる、ちくちくするのが嫌で毛糸の製品は一切使えない、、、など、さかな疑惑をもたれてもおかしくない感覚も持っている(だから、とととうまくいく??)

・女先生    ととの勤める学童の元正規指導員。(10月からバイトに)子どもと一緒にいろんなことを楽しむ姿勢のある基本的には素敵な人。だけど、たまにととには何か理解できない行動をとったり、理解できない発言をしたりする。

・男先生   学童のもう1人の正規指導員。ととより4つ年下。少し頼りない

・あや先生  10月から女先生に変わり、学童の正規指導員になった先生。遠足やおおきい行事の後は、バイトの人へのお疲れ様メールを欠かさない、社会性に長けた人。その点は見習いたい。

・さつきせんせい  学童のバイト仲間。保育士の勉強中なので、発達障害関係の知識が少しある。ASの知識もありマス。

・ゆいちゃん    学童の子ども。ととに異常になついてくれている。遊びがパターン化してる、勝ちこだわりが異常に強い。自分視点で世界を見る。記憶力が異常にいい、言葉遊びが好き、、などASを思わせる特徴がある。言葉遊びはととも好きなので、よく2人で盛り上がる。

・ポプラくん    学童の子ども。いつも声が大きい、あたりが騒がしいときょろきょろして落ち着かない、指示が聞こえてないときがある。自分がすることがわからないとうろうろしだす、、、などの行動をよくしているのことと、目線が合わないので、この子もおさかな??と思うことがある。ゆいちゃんの次にととが良く遊ぶ子。


・鈴ちゃん     ととの妹。1歳半年下。関西在住

・美和ちゃん   ととの妹。4歳下。

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。