Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://soranosakana453.blog59.fc2.com/tb.php/210-e78f03df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ミーティングでの???ワカリマセン・ソノリクツ

昨日は学童のミーティングでした。
ミーティングは疑問がいっぱいです。

1つ目は、ポプラ君の事。
金曜日の感じだと、あや先生はポプラ君の事をミーティングでの話題に載せてくれるのだとととは解釈していたのですが。
例によって、ミーティングの前に男先生に「ちょっといいですか?」って呼ばれて、何かと思ったらポプラ君の事でした。

「あや先生から聞いたのだけど、そこまで問題だとは思わないんですよね。」

なんか、ととが言いたかったこととは別の事として伝わってる感があったので、問題を整理しなおして男先生に話をしなおしました。

ポプラ君の袖をかむのはストレスの表れじゃないかと心配だということ。
ポプラ君のキャラが、1年生の間で良くないキャラになっているという気がすること。

そのことについて、他の先生から見たらどう思うのか、意見を聞きたいということ。


だけど、、、、男先生は「まあ、また何かあったら、ミーティングとかじゃなくて、普段の時にでも僕かあや先生にいってもらえれば。」と、話をまとめてしまいました。
つまり、男先生はミーティングの前にととと話しをすることで「ミーティングでポプラの話はするな」とけん制したかったみたいです。いくら話の要点をつかむのが苦手なととでも、そんな事を言われてしまえば、何が言いたいのかわかってしまいます。

・・・だから、それじゃ、意味がないじゃない。
今のポプラ君が置かれている状況について、他の先生は何か思うところがないのか。
ととの意見に賛同する人は本当にいないのか。ととが言うことによって「そういえば」となることもあるんじゃないの??
本当にとと1人の過剰反応なの??
一度みんなに聞いて見るのは、無理なの??

といいたかったけど、いえませんでした。

ミーティングの中では、ポプラ君の話題は先月もととが出していて、先月出た子の話題の振り返りを必ずやるので、ポプラくんの名前は出たんだけど、ととはあえて何も言いませんでした。
そんなととに不思議そうに(というか、ととは明らかに何か言いたげに見えたのでしょうね。)女先生が「とと先生、平気ですか?」といったので「ハイ」と答えようとしたら、男先生は注釈で「とと先生以外でポプラの事で気になったことある人いますか」と言いました。ととも解説として「私は思う存分言っているので」と言いましたが、やはりどう考えてもおかしな話です。ミーティングは「正規指導員への報告会」ではないのです。学童での問題を「全員で話し合う場」です。
あや先生と男先生はととが言ったことにピンと来ないかもしれませんが、他の先生は何か感じるかもしれません。ポプラ君は圧倒的にとと以外の先生と遊ぶことは少ないです。
ポプラ君の問題の9割は、友達関係の中で発生しています。どうして、生の、素のままのポプラ君に近い状態を一番見ているととの意見はそうやって退けられて、満場一致で「ポプラは特に問題がない」という状態にしたがるのでしょう。

もしポプラ君に何らかの困難があるとして、早い子ではすでに小学生で二次障害を発生すると聞きました。気にかけていたら防げたかもしれない二次障害を発症してしまったら、その時では遅いのに、、、なんとかポプラ君の「しんどいぞサイン」を見過ごさないであげたいだけなのに。
袖をかんでいるのは、サインじゃないのかな??

男先生は「あれは長袖だからだと思う。」と言いました。
でも、明らかに久しぶりに調子がいいと思った金曜日には、そで、ほぼ噛んでなかったんですよ。
(いつもより薄手のTシャツを着ていたというのもあるけれど。)

2人とも、何を見ているんでしょう。
だけど、男先生にああいわれてしまったこれ以上はいえない感じがしました。
これ以上言っていると「しつこい」と思われるのがオチのような気がします。

でも、それならば、2人にもっとポプラ君と遊ぶ機会を持って欲しいと思います。
ポプラ君の特徴は、遊びの中で最もあらわになります。
ととが別の子と遊んでいる所にポプラ君が「遊ぼう」と言って「ごめん、○○と遊んでいるから今は無理」というやりとりをしていても、他の先生はどこ吹く風で気にも留めません。ポプラ君は素直だから
「じゃあ、こっちで男先生と遊ぼうぜ」と言うと喜んでついていくと思います。
そうして、ポプラ君と遊んでみてください。そして、彼がするとことん自分目線の独自の譲れなさを体験してください。ととの言うことを重要と考えないのなら、そうして自分で知ってくださいと言いたいです。

のどかちゃんが、日ごろから大好きで、おふざけでからんでいるYクン先生のジャンバーのフードを、いつものおふざけの延長で勝手に外から部屋に持ち帰ってしまって「人のもの勝手に持って帰るのはやめて」と怒ったのになかなか謝れなかった話をみんなにするんなら、ポプラ君の話だってしたほうがいいんじゃないでしょうか。


2つ目は、「北斗くんグループ」のことです。

北斗君・リョウマ君・タケオくん・ユウジくんはいつも大体4人+その時いる3年生の男子数人で遊んでいるのですが、そのグループ、ととから見たらめちゃくちゃ感じが悪いのです。
仲良しで、他の子たちを受け入れないくらいの結束力なのに、やっていることはグループ内で、グループのメンバーのけなしあいが多いのです。特に、北斗君とタケオ君が下っ端の「けなされ役」になっていることが多く、2人はどちらがグループの中で最下位になるかで争っている、、、、という感じの悪い状態なのです。注意しても直らないので、指導員の間では「言っても仕方ない」的な雰囲気が漂っていますが、ととは再三にわたり彼らに「キミ達は感じが悪い。友達なのに、どうして悪口ばかり言い合っているのか」と言っています。この間も、鬼ごっこで、鬼以外の子もみんなで面白がってタケオ君を追いかけて、タケオ君を泣かせているのに、ととに「タケオが泣いた」と他人事のようにいいに来ました。
もう2年生にもなって、そんな事したらタケオくんが泣くの位わかるだろうし、理由がわかるんなら自分たちでタケオくんに謝るとかして、解決しろよ、、、、と疑問に思ったし、何故、自分達が泣かせているのに他人事なのか疑問でした。それに、ととは事実を、何故タケオ君が泣いているのかを聞いているのに「○○が、、、、」と3年生の男の子の名前を出し、自分は悪くないと主張するユウジくん、、、、。
意味がわかりません。あまりにも意味がわからないし、感じ悪いし、人のせいにするし、このグループにはどうやって指導したらいいんでしょうね、、、と言ったところ、わけのわからない理論が炸裂してもって意味がわからなくなりました。

「それくらいの事で、タケオが泣くのもおかしいよ。タケオ、泣きすぎだよ。タケオの指導も考えないとね。」

あの~、タケオは5人いっぺんにみんなに追いかけられたんですけど。鬼ごっこのルールも無視されて自分だけ追いかけられたんですけど。泣いてどこがおかしいんでしょうか???

「あのグループはさ、お互いにけなしあうのが、楽しいんだよね。それで、もうグループの文化ができちゃってるから、それはそれで、仕方ないんじゃないの」

それって、仕方ないことなんでしょうか?少なくとも学童の先生が言ってしまっていい事なんでしょうか??いくら、あのグループで普通だと言っても、そんなのが普通の小学2年生って、どうなんでしょう。今の年齢の子どもにはいけないことはいけないと正論過ぎるかもしれないけど伝えないといけないんじゃないでしょうか??それが、大人の役目じゃないんですか??


「泣くからやめようぜ、とか誰かがいってもさ、場がしらけるしね。誰かにそんな場がしらけること言えなんて、あのグループにはいえないよね。」

あの~、ととは何度もいっていますが、それは逆効果なんでしょうか?どう考えてもおかしいことはおかしいよ、危ないことは危ないといえるのが友達だよっていってるんですが、、、、、
それは「白けさせることを言うように指導してて、逆効果」なんでしょうか。


子ども達のグループのカラーってあるけど、、、、、、
ヘンなカラーになりつつあるグループは、ほっといていいんでしょうか。

それとも、人とけなしあうようなからかいあうような、軽いジョークを交えて話すような文化がととの中にはないから、理解できない事なんだろうか、、、、。
ととは大人同士でよくやる、軽いジョークでのからかい言葉を駆使した会話って、できませんから。
からかいジョーク、本人をけして嫌いでいってるんじゃないと言うことも悪口っぽくて聞くの嫌ですから。
(あわせているけど。うん、とか言うこともあるけど)

ととと、他の先生(発言が多い、女先生・男先生・あや先生)とは観点が違うようなので、来月からミーティングでは発言しないほうが賢明かなと思ってしまいました。
スポンサーサイト

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://soranosakana453.blog59.fc2.com/tb.php/210-e78f03df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

長いメッセージは、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Extra

プロフィール

魚々(とと)

Author:魚々(とと)
「とと」といいます。普通に生きてるつもりなのに、いつもまわりの世界からずれてしまう、、、。という特徴を持っています。だからとっても生きにくい!!

ここでは、日常に起こるそんな事をつれづれなるままに語ります。

♪元々どっかなんかずれてるところがあるので、なんかへんだな~って思う ことも書いてあるかもしれません。だけどあたたかく読んでくれると嬉しい  な。

♪なるべく思ったことをそのまま書きたいので基本コメント欄はクローズ    デス。。気が向いたときだけ開けるかも知れません。


よろしくおねがいします。




♪このブログに良く出てくるとと以外の人物♪

・だんなくん  ととの旦那さん。ととのよき理解者。自称「せっかちで心配性」だけど、、、、やることリストを作らないと次の日の仕事が不安でできないのでやることリスト作りに1時間かける、子どもの頃はテストの問題におかしい点があると職員室に乗り込んで徹底的に先生と戦い「お前が言っているのは屁理屈だ」と言われる、ちくちくするのが嫌で毛糸の製品は一切使えない、、、など、さかな疑惑をもたれてもおかしくない感覚も持っている(だから、とととうまくいく??)

・女先生    ととの勤める学童の元正規指導員。(10月からバイトに)子どもと一緒にいろんなことを楽しむ姿勢のある基本的には素敵な人。だけど、たまにととには何か理解できない行動をとったり、理解できない発言をしたりする。

・男先生   学童のもう1人の正規指導員。ととより4つ年下。少し頼りない

・あや先生  10月から女先生に変わり、学童の正規指導員になった先生。遠足やおおきい行事の後は、バイトの人へのお疲れ様メールを欠かさない、社会性に長けた人。その点は見習いたい。

・さつきせんせい  学童のバイト仲間。保育士の勉強中なので、発達障害関係の知識が少しある。ASの知識もありマス。

・ゆいちゃん    学童の子ども。ととに異常になついてくれている。遊びがパターン化してる、勝ちこだわりが異常に強い。自分視点で世界を見る。記憶力が異常にいい、言葉遊びが好き、、などASを思わせる特徴がある。言葉遊びはととも好きなので、よく2人で盛り上がる。

・ポプラくん    学童の子ども。いつも声が大きい、あたりが騒がしいときょろきょろして落ち着かない、指示が聞こえてないときがある。自分がすることがわからないとうろうろしだす、、、などの行動をよくしているのことと、目線が合わないので、この子もおさかな??と思うことがある。ゆいちゃんの次にととが良く遊ぶ子。


・鈴ちゃん     ととの妹。1歳半年下。関西在住

・美和ちゃん   ととの妹。4歳下。

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。