FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://soranosakana453.blog59.fc2.com/tb.php/14-8c9eaa93
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

コミュニケーションの問題

ここ2日、自分がわからないと書きました。わからないと書いてるともっとわからなくなるので、今日からはちょっと、自分自身のことをなるべく客観的に見て「ととのなかではこんなことが起こってる」を書こうと思います。「今までもそうだったじゃないか」って言葉が飛んできそうですが、、、。


今日は「ひととのやりとり」について。

ととは、人と喋ることが大好きです。家にいるとだんなくん相手に何時間でも喋ってると思います。
だけど、本当に会話が得意なのかと言うとその点はかなりあやしいと思います。

まず、時々、ととにとって会話は連想ゲームに近い状態になることがあります。

質問された意味がわからない。
どんな答えをすると相手が喜ぶのかわからない。
長い話や、複数の人で話してると、何が会話の要点なのかわからなくなってしまう。
長い話は初めのほうを忘れていることがある。
もっと高度になると、独り言でいってるのかととに話しかけてるのかわからないときがある。

だから、そんな中で会話が続くように、相手の意図してる正しい答えをできるようにするのでかなり労力使います。ちゃんとできたときはほっとしてたりします。

余談ですが、だんなくんの独り言に全部反応してしまい、ととはTV見てるから話しかけて欲しくなかったので、「今、TV見てるんだけど」って言ったら

「べつにととに話しかけてるわけじゃないよ。ととが勝手に全部答えてるだけだろ。全部答えなくていいから」と言われたことがありマス。

それから、、、簡単な会話でも、予想外の答えが帰ってくると固まります。

とと「お早うございマス。最近、涼しくなりましたね。」
相手「そうですね~」
とと「きのうは半そでで寝たらちょっと寒かったですヨ」

と予想してた所を相手が「そうですか??まだまだ蒸し暑いと思いますヨ」と来ると固まります。
用意してた次の言葉が言えないから。
だから、自分で「涼しくなりましたね」と言ったのに、相手の「蒸し暑い」という意見に「そうですね」と言ったり。
意味不明。。。

「ハイ、わかりました」と答えておきながら次の瞬間「それはこういうことですよね」と聞きなおしていたり。はっきりと「こうしますので」と言われない限りそれはととのなかで決定にならないので「結局どうなったの??」って聞いて「え、さっきそういったじゃん」って言われてみたり。

なかなか思うように進みません。
思い返して見ると、ととがスムーズにできる会話は、「一度どこかでしたことのある会話」「どこかで聴いたことのある会話」つまり、マニュアルになるものがある会話、と言うことですね。

しかもととは「すごいですね」「いいなあ」などの感嘆の用語を多用しているだけなので、会話に広がりが出ません。
バイトの人がととと話しているより他の人と話してるときのほうが楽しそうに見えるのはそのせいかもしれません。

そして、これは「会話」には直接関係ないのかもしれないけれど、ととは「今している会話」に集中できないことが結構あります。

近くでしている会話が、同じレベルで聞こえてしまい、気になってしまってよっぽどととが話したいことを話していない限り、集中できないことがあります。

なぜ、そんなととが「人と喋ることがすき」と言うのか。
正確に言うとととは「人としゃべること」ではなく「人に喋ること」がすきなのだと思います。

だんなくん以上に、ととは実家の母に喋ることがすきなのですが、実家の母は基本的にととが喋っている時には余計なアドバイスなどはせず、喋りたいことを喋りたいだけ喋らせてくれるからです。

だから、ととはいろんなことをととのペースで喋ることができて、とても満足するのです。

母は、ととにはお世辞を言いません。気休めも言いません。言うけど、力説しません。
たまにととの言ってる事に賛成してくれなくて、それでととと言い合いになる事もあるけど、、。

基本はととが喋りたいことを喋りたいだけ喋りたい順に聞いてくれます。

人と話していて、ととの言った事にすごく力説してくれる人がいます。
「そんな事ないよ」「こうしたほうがいいよ」「こうすれば、できるよ」

内容も相談ぽくて、ととの話し方も「○○なんだけどね~」「どうしようかとおもってるんだけどね~」
っていう感じのときが大体そうなんですけど、、、
でもそういうときでもととの中ではもう結論を出したことで。終ったことで。決めたことで。
だから今更そういう風にアドヴァイスもらっても、ととは困るよ。そういう風にしなくちゃいけないみたいで。なんて勝手なこと思ってたりします。あいまいに「うん、、、でも、、、」と答えながら。

基本的に、ととの喋り方や、言葉の使い方が他と違うから、そうなってしまうんだろうなって思います。

自分の考えている事をまとめるのも苦手なので、、というかどう感じているかを自分で理解して言語化するのがたぶん苦手なので、意見を聞かれてもとっさに答えらないで「う~ん、どうですかねぇ~」とごまかしてしまうことも、多いです。心の中でまとまってても実際に話すととても幼稚な言葉しか出てこず、3割程度しか伝えられないことが多いです。
でも、言葉はいっぱい知ってるんですヨ。。。

このブログだって、書くのに1時間半。
実際の会話は一瞬で答えを言わなくちゃいけないので、ととはやっぱり「人と喋ること」じゃなくて「人に喋ること」がすきなんだと思います。

















スポンサーサイト

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://soranosakana453.blog59.fc2.com/tb.php/14-8c9eaa93
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

長いメッセージは、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Extra

プロフィール

魚々(とと)

Author:魚々(とと)
「とと」といいます。普通に生きてるつもりなのに、いつもまわりの世界からずれてしまう、、、。という特徴を持っています。だからとっても生きにくい!!

ここでは、日常に起こるそんな事をつれづれなるままに語ります。

♪元々どっかなんかずれてるところがあるので、なんかへんだな~って思う ことも書いてあるかもしれません。だけどあたたかく読んでくれると嬉しい  な。

♪なるべく思ったことをそのまま書きたいので基本コメント欄はクローズ    デス。。気が向いたときだけ開けるかも知れません。


よろしくおねがいします。




♪このブログに良く出てくるとと以外の人物♪

・だんなくん  ととの旦那さん。ととのよき理解者。自称「せっかちで心配性」だけど、、、、やることリストを作らないと次の日の仕事が不安でできないのでやることリスト作りに1時間かける、子どもの頃はテストの問題におかしい点があると職員室に乗り込んで徹底的に先生と戦い「お前が言っているのは屁理屈だ」と言われる、ちくちくするのが嫌で毛糸の製品は一切使えない、、、など、さかな疑惑をもたれてもおかしくない感覚も持っている(だから、とととうまくいく??)

・女先生    ととの勤める学童の元正規指導員。(10月からバイトに)子どもと一緒にいろんなことを楽しむ姿勢のある基本的には素敵な人。だけど、たまにととには何か理解できない行動をとったり、理解できない発言をしたりする。

・男先生   学童のもう1人の正規指導員。ととより4つ年下。少し頼りない

・あや先生  10月から女先生に変わり、学童の正規指導員になった先生。遠足やおおきい行事の後は、バイトの人へのお疲れ様メールを欠かさない、社会性に長けた人。その点は見習いたい。

・さつきせんせい  学童のバイト仲間。保育士の勉強中なので、発達障害関係の知識が少しある。ASの知識もありマス。

・ゆいちゃん    学童の子ども。ととに異常になついてくれている。遊びがパターン化してる、勝ちこだわりが異常に強い。自分視点で世界を見る。記憶力が異常にいい、言葉遊びが好き、、などASを思わせる特徴がある。言葉遊びはととも好きなので、よく2人で盛り上がる。

・ポプラくん    学童の子ども。いつも声が大きい、あたりが騒がしいときょろきょろして落ち着かない、指示が聞こえてないときがある。自分がすることがわからないとうろうろしだす、、、などの行動をよくしているのことと、目線が合わないので、この子もおさかな??と思うことがある。ゆいちゃんの次にととが良く遊ぶ子。


・鈴ちゃん     ととの妹。1歳半年下。関西在住

・美和ちゃん   ととの妹。4歳下。

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。