Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を誘えたという嬉しさ

今日はだんなくんが夕飯を外で食べてくると言うので、ととも外で食べてきました。こういう時はたいてい一人なんですが、今日は学童のあこ先生と一緒に食べてきました。

今回は前もってだんなくんの不在がわかっていたので昨日ととからメールして夕飯一緒にどうですか?とお誘いしたのです。

一見普通の事のように見えますが、ととにはかなり珍しい事です。

と、いうのはととの中で変なととルールがあって、、誰かを誘うにしても例えば学童だったら同じ曜日に勤務の先生をみんな誘わないと抜け駆けみたいで悪い事している。学生時代の仲間で会うにしても仲良しグループみんなに声をかける。二人だけとか言う発想はまずない。成り行きで二人で 会う事になってもそれは抜け駆けだから他の子に言っちゃいけない。という撤退された平等精神みたいなものがあるので、、、
例外としてととが誰かを名指しで誘いたいと思うときは「この人にこの相談したい」と思うときだけですが、それは実際に誘わないでととが一人で
脳内で勝手な会話を考えてやってしまい満足してしまうので実行される事はほぼないです(笑)なので、「ご飯を食べましょう会」として企画しないで、誰か一人だけを誘うのはととには極めて珍しい事です。

何故今回は今までできなかった「同じ曜日の先生の中であこ先生だけ誘う」ができたのか。

それはあこ先生のお陰です。年末の忘年会の時あこ先生が「うちの旦那は金曜日は呑んで帰って来る事が多いから、そういう時は一緒にご飯食べる人を探している」と言っていたので「ととも金曜日はたまに一人でご飯食べて帰る時があるのでそういう時は誘っていいですか?」「いいよ誘ってよー」と意気投合した上に年賀状にも「金曜日ご飯食べに行きましょう」って書いてくれたから、これは社交辞令じゃなくて本当に言ってくれてるんだなって思えたからです。というかそういう下地があったから、だんなくんが今日夕飯がいらないと聞いた瞬間「あこ先生誘わなきゃ」となったわけです。
でも、実をいうと勢いと言うか「誘いたい」より「誘わなきゃ」という思いだったので誘った後に「で、何を話せばいいのだ?相談事もないし」と思ったり緊張したりしたのですが、実際はとても楽しかったです。相談事がなくても人を誘ってもいいしそれは悪い事じゃないんだって思いました。
思えばととは女の子が群れたり誰かと本当に個人的に仲良くなって「この話は○○にしかしないから内緒ね」とかやる時期にことごとく周りから弾かれて一人だったので、人と特別親しくなる、自分から気楽に何かに誘うという術を学ぶ機会がありませんでした。
その後も同性の特別親しい友人を作る術は知らず。仲良しグループの一員でいることに必死で自分の都合とこの人特別気が合うわという理由やらたまたま予定が合うからとかで個人的に人を誘う術も知らず。それでいて「ととは誰とも特別仲良くなれない。。学生時代の仲間で言うと、ととはあんちゃんと特別仲いいつもりだったけどととの知らないあんちゃんの事、みえちゃんが知ってたりする。みえちゃんの事も同じ。二人で会ってる事もあるみたいだしメールもしてるみたい。なんでととにはないの?ととはあんちゃんが仲間の中で1番好きなのに」と疑問でしたが、、、齢三十にしてそのからくりがわかったような。

ととがあんちゃんを誘わないしメールもしないので、、ととの気持ち伝わらず、なのね。しかもととは自分の話題を相手を選ばず仲間みんなに平等に話すし。


今回あこ先生を誘えた事でととルールの見直しを少し行えた気がして。

人付き合いのしかた少し変えられるかなと思いました。

だけど人から四六時中メールを貰ったりするのは面倒に感じてしまうとか(返信内容考えるのがね。)自分から用事もないのにメールする発想がないとか(だんなくん相手にでさえそうです。)あんまりベタベタされたり、自分の内面に踏み込まれるとどうしていいかわからないという根本的な一匹狼気質?は数多く残っているけど、、、。

基本的に自分のやり方で相手に近づくのはいいんだけど相手のやり方で近づかれるとどうしていいかわからなくなるし、近寄られすぎると負担に感じるというわがままなんだよね。

更になのに人が好きで人にも好きになってもらいたいという、、、。
なんと自己チュー
親友を作るからくりに近い事は見つけたけど、本当に孤独感を感じないで人付き合いができるようになるのかは謎です。

だけどあこ先生のお陰で相談事がなくても予定が合うなら誰かを誘ってもいいとわかったし、、、
楽しかったからあこ先生はまた誘ってみようと思ってます。

他の人と同じように軽いノリで誰かと遊んだり、誰かと特別仲良くなれたりしょっちゅう遊んだりできるようになったらいいなーそうしたら孤独感を感じずに済むからと思うととです。ととも他の人みたいに気楽なというか「ととちゃんに話したいと思ってたの」っていうか、対等にというか普通にというかそんな人付き合いしてみたいのです。
あこ先生を誘えた事がそのだい一歩になってくれたら、、、携帯からなのでまとまりないです、、。すみません





スポンサーサイト

良くわからないルール

久しぶりに記事を書きます。実は最近意図的に更新をやめていました。やはり未診断でそのうえ発達障害の専門医に転院して本格的に診てもらう勇気もない(違うという診断結果だったらどこにもいけなくなるから。それが怖くて。)ととが大きな顔で更新することに気がひけて。。未診断は自分の事それらしく語っちゃいけないなら、ととは語るのやめよう。語らないで、わかんない事があっても特性のせいではない。自分の努力が足りないせいだと思おうと考えていたからです。
だけどやはり言いたいことはあって。
だから今日の記事は「発達障害傾向の人の話し」ではなく、「あくまでととさんはこんな風に感じたんだ」と言うコンセプトで読んで下さると嬉しいです。

では本題。

ととの学童、、不思議なルールがあります。それは「子どもと大人が約束をしてはいけない」

学童のタイムスケジュール

下校→自由遊び→おやつ→宿題や読書→自由遊び

なのですが、例えばおやつの準備をしてるときに「宿題みて」と言われても「いいよ」と言ってはいけないのです。おやつを食べ終わってその時になって始めて子どもからのお誘いを受けていいのです。おやつの前に「おやつの後もあそぼう」と言われてもそれも「いいよ」と言えない。このルール、同じ先生が決まった子どもと遊ぶことが多くなってしまうのを回避するためのルールみたいなのですが、、、。

今週になって強化されていました。

あや先生に「一日のうちになるべくいろんな子と遊んでください。」「おやつ前の遊び、宿題、おやつ後の遊びはなるべくそれぞれ違う子と過ごしてください。」と言われました。どうもインフルエンザでお休みした先週末のミーティングでそのルールが強化される事が決まったらしくて。

ルール強化三日目ですが早くも混乱。

今日はおやつ前は実華ちゃんと遊びました。で、宿題みてと言ってきたけれど今日は実華ちゃんと遊んだから宿題は無理ダー。だから曖昧な事を言ってお断り。実華ちゃんには申し訳ないなと思いつつ。ゆいちゃんとポプラくんと宿題。案の定宿題の時間が終わると「遊ぼう」と言われる。断る理由もないし、他の子に誘われてもないからいいよって言ったけど、宿題とおやつ後の遊びを同じ子としてるのはルール違反。何か言われるヨー。と内心びくびく。集中できない、、、。だけどさ、他の子から声もかけられてないし用事もないのに断るのもおかしいし、、、。はー、疲れた。
このルールが強化された背景には、あまりにもポプラくんとゆいちゃんがととばかりと遊ぶのが問題視されているというのがあるらしい。二人の世界が広がらないからダメなんだそうだ。だけど二人のととと遊びたい気持ちはどうなるんだろうか。

解りにくい、というか忠実にやるならどう振る舞ったらいいのかわからないるーる、、この場合はしょうがないの臨機応変が取りづらく感じてルール違反をかんじるといらついてしまうのと、、、ルール強化に勝手に「ポプラくんとゆいちゃんとは遊んじゃダメ」と意味付けしてしまい、今ちょっと学童でどうふるまったらいいのか困っています。

こどもにだって相性はあるし、同じ人と遊ぶのを好む子もいるし、大人好きな子も逆に子ども同士のほうが生き生きする子もいるからそのへんの子どもの気持ち考えるならこのルールどうなのかな?ってちょっと疑問ですが。この子とあそぶから他の子と遊ばないというわけじゃないんだからもう少し緩いルールでもいーんじゃ、とおもうのだけど。多分子どもからしたら「なんで遊びたい人と遊べないの?」じゃないかとおもうんだけど。


何か混乱してます。インフルエンザで先週一週間ダウンしてたせいでイママデト同じペースがとれないし。

せっかく年末年始でクリアになってた、見えない不満やわかんないの気持ちがまた少し貯まり始めちゃいました。

携帯から更新したので前記事の拍手のお返事が未だにできてません。、、ちゃんとしますので気長に待ってください。すみません

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

すこしずつですが、復活しようと思います。

昨年末の記事に拍手コメントをくださった方、ありがとうございマス。
お返事、もう少し待ってください。
(たくさん待たせて、この上待たせるなんて、、、、と言う声が聞こえてきそうですが)

わからないこと、難しいこと、たくさんあります。
だけど、今年はここに、そういうこと以外にも楽しいことを書ければいいなって思います。

と、いいつつ年始早々、ととのこだわりにヒットする年賀状を友達からもらい、今日までずっとイライラしていたり「つまんないなあ」と思ったりしていたのですが、、、、。

おととしの12月には一緒に「子どもが欲しいね」って言ってた友達が、「9月に子どもが生まれました」という年賀状をよこしてきました。

一緒に頑張ろう的な事を言っていたのに、それはなんなの???
ちょい、ずるいんじゃないの???

友達なのに、正直イラつきました。
その友達は、病気で子どもができにくい状態だったり、流産を経験してたり、辛いことを乗り越えての出産だったのだけど、、、、
友達の嬉しいニュースは普通なら喜ぶのだろうけど。

ととにはイラつくニュースでしかなかったです。
そして、そういう風にしか思えない自分にイラついたり。
挙句の果てには久々に会った関西在住の鈴ちゃんにも警戒したりしていました。

鈴ちゃんの服装が、あたたかくしてます的な感じがしないか(妊婦さんは冷えに気を使うからね。)
鈴ちゃんのかばんにマタニティマークとかついてないか。
鈴ちゃんが少しでもひざ掛けをかけたりすると、イラついたり。
鈴ちゃんの旦那さんがそういう素振りを見せてないかとか。
チェックして、傾向がないことを確認して、ほっとしていました。

鈴ちゃんはととの妹なのに。実の妹なのに、、、、
妹まで敵視。
妊娠したという話は聞いていないし、現実問題としてそんな事実ないのに。
メチャクチャ敵視。
バカみたいだけど、、、、、
そういう思いは消せなくて。

今年は、そういうふうに、くだらないことにこだわってイライラする事は減らしたいんだけど。
自分でも何でそう思ってしまうのか解っていないところがあるので、難しいかな。

楽しいこともかくといいましたが、一回目から楽しくなくなってしまいましたね。
まあ、ぼちぼちと言うことで。。。。

今後もよろしくお願いします。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

長いメッセージは、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Extra

プロフィール

魚々(とと)

Author:魚々(とと)
「とと」といいます。普通に生きてるつもりなのに、いつもまわりの世界からずれてしまう、、、。という特徴を持っています。だからとっても生きにくい!!

ここでは、日常に起こるそんな事をつれづれなるままに語ります。

♪元々どっかなんかずれてるところがあるので、なんかへんだな~って思う ことも書いてあるかもしれません。だけどあたたかく読んでくれると嬉しい  な。

♪なるべく思ったことをそのまま書きたいので基本コメント欄はクローズ    デス。。気が向いたときだけ開けるかも知れません。


よろしくおねがいします。




♪このブログに良く出てくるとと以外の人物♪

・だんなくん  ととの旦那さん。ととのよき理解者。自称「せっかちで心配性」だけど、、、、やることリストを作らないと次の日の仕事が不安でできないのでやることリスト作りに1時間かける、子どもの頃はテストの問題におかしい点があると職員室に乗り込んで徹底的に先生と戦い「お前が言っているのは屁理屈だ」と言われる、ちくちくするのが嫌で毛糸の製品は一切使えない、、、など、さかな疑惑をもたれてもおかしくない感覚も持っている(だから、とととうまくいく??)

・女先生    ととの勤める学童の元正規指導員。(10月からバイトに)子どもと一緒にいろんなことを楽しむ姿勢のある基本的には素敵な人。だけど、たまにととには何か理解できない行動をとったり、理解できない発言をしたりする。

・男先生   学童のもう1人の正規指導員。ととより4つ年下。少し頼りない

・あや先生  10月から女先生に変わり、学童の正規指導員になった先生。遠足やおおきい行事の後は、バイトの人へのお疲れ様メールを欠かさない、社会性に長けた人。その点は見習いたい。

・さつきせんせい  学童のバイト仲間。保育士の勉強中なので、発達障害関係の知識が少しある。ASの知識もありマス。

・ゆいちゃん    学童の子ども。ととに異常になついてくれている。遊びがパターン化してる、勝ちこだわりが異常に強い。自分視点で世界を見る。記憶力が異常にいい、言葉遊びが好き、、などASを思わせる特徴がある。言葉遊びはととも好きなので、よく2人で盛り上がる。

・ポプラくん    学童の子ども。いつも声が大きい、あたりが騒がしいときょろきょろして落ち着かない、指示が聞こえてないときがある。自分がすることがわからないとうろうろしだす、、、などの行動をよくしているのことと、目線が合わないので、この子もおさかな??と思うことがある。ゆいちゃんの次にととが良く遊ぶ子。


・鈴ちゃん     ととの妹。1歳半年下。関西在住

・美和ちゃん   ととの妹。4歳下。

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。