Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい場所を作りました。

一つ前の記事でお知らせした新しい場所を早速立ち上げたので、お知らせします。

新しいブログのタイトルは「のんびりやのことり みなみをめざして珍道中」です。
サブタイトルに「続・そらをゆくちびのさかなの旅日記」と入れてあり、こちらのブログへのリンクをしてあります。

コンセプトとしては、このブログの第2章をイメージしました。
ブログタイトルもHNもそのままで、行こうかとも考えたのですが、一新することに決めました。
結局は私はさかなではなくとりだということがわかったので、鳥の羽をイメージした「美羽」という新しいHNで、テンプレートも空のイメージをしたものを選びました。

もし、興味がありましたら、こちらからお読みください。


私が自分の正体を少しわかることができて、前に進もうとすることができるようになったのは、このブログを通して出会った皆さんのおかげだと思っています。

みなさんの記事を読まなかったら、私は自分の特徴を認めることができませんでした。
自分の苦手なことを認めることができなかったら、発達障害の可能性を認めることができなかったら、発達障害外来にもいってなかったし、奈々先生に会うこともできなかったと思います。

皆さんの記事に触れることができたから、私は自分を振り返ることができたんだと思います。
本当に出会えてよかったと思っています。

そんなみなさんとのつながり、、、
できたら今後も大事にしたい。

わがままで勝手な意見ですが、受け入れてくださる方がいたら、嬉しいです。





スポンサーサイト

ととの正体

発達障害外来のある病院の2回目の診察に行ってきました。
やっと整理ができたので、報告したいと思います。

今回は、前回初診を受けた「発達障害外来」の先生ではなく、同じ病院(k病院)の一般精神科の先生の診察でした。

初診扱いではありませんが、前回とは違う先生なので「初診」と同じ覚悟で望んだのですが、しっかりと引継ぎがなされていたようで、前回の診察で話したことはほとんど話さずにすみました(なぜ、発達障害外来を受診したのか、、、などのくだりについて。)

前回、発達障害外来で専門医に「発達障害ではない」という診断を受けたととですが、今回の先生の見立ても前回と同じでした。

新しい先生、、女医の奈々先生(ととにとって、長い付き合いになりそうなので、仮名をつけます)
の診断は、まとめるとこんな感じです。

ととがしんどいと思っている今の状態は「気分変調症」という、うつ病の仲間の病気である。
気分変調症は、症状としては、うつ病のように深く気分が落ち込んでしまうわけではないが、軽いうつがかなり長い間続いてしまう。なので、治ったと思ってもすぐにまたうつになってしまうのを繰り返してしまう。

その「気分変調症」は、ととは発達障害が根本にあって、二次障害として現れているものだとおもっていたが、奈々先生の診断ではととの「気分変調症」の背景にあるもの、根本原因は発達障害ではなく、別のものである。

では、そのととの「気分変調症」の根本原因にあるものは、なんなのか。

奈々先生の現在の見立てではこういうことだった。

「今までの生育暦の中で、他人から傷つけられた経験によるもの。」そのせいで、対人関係がうまくいかなくなっているため
少しわかりにくいかもしれないけど、奈々先生はととと面談をしながらこういった。
「あなたは、元々すごく素直な人なのね。駆け引きとか、裏表とかが苦手な・・・・思ったことを割りと素直に言うような」
「でも、よっぽど大丈夫な人(が相手)じゃないとそうじゃないですね。」

「もしかして、、、今まで生きてきた中で、(誰かから)傷つけられた経験があるんじゃないかしら?」

と・・・・

他人から傷つけられた経験。ととには、ありすぎるほど、ある。
小学生の頃からいじめられるのは当たり前のことだった。

その中でももっとも大きなものが中2のときのいじめ。
そのいじめをきっかけに、ととの性格はまったく変わってしまった・・・・

なんとなく、ととには納得できる診断だった。

もう一度まとめると

・今のととは「気分変調症」という、うつ病の仲間の病気である。激しい気分の変化はそのため。
・「気分変調症」の背景にあるものは、対人関係の不得手。
・対人関係の不得手の原因は、過去の生育暦の中での対人関係のトラブル。もっとはっきり言うと、他人から傷つけられてきた経験によるもの。

・ととの抱えているさまざまな困難は、発達障害によるものではなく、対人関係が関係しているもの。傷つけられた経験により、対人関係に不得手が生じていて、それが対人関係に限らず多くの困難を生み出している状態。

つまりは、、、二人目の先生の診断も「ととは発達障害ではない」ということになりました。

前にととはここに、ととのコミュニケーション能力の低さは、今までの学習経験が少ないから育っていない「後付の弱さ」なのか、元々能力が弱い「標準装備の弱さ」なのかということを書きましたが、、、

結果的には「後付の弱さ」だったようです。

ととが抱えている、コミュニケーションに関する能力の弱さ。
それで説明がつくことも、たくさんあります。

・会話が連想ゲームのようになってしまう。何を聞かれているのかわからず、即答できない
・他人の顔を見ると話がしにくくなる

これは、極端なまでの対人緊張がある、と考えれば説明がつきます。対人緊張のせいで言葉が出てこないし人の顔が見られない。他人から傷つけられた時の誤学習で、他人はみんなととが嫌いだと思っているので、苦手な人以外も基本的に「人が怖い」。子どもが平気なのは、子どもは人を傷つけない悪意を持って人と接しない。素直と本能的に知っているから。と考えれば説明がつきます。

・周りの流れに乗れない。空気が読めない。場にそぐわないことを言ってしまう

これは、元々集団からつまはじきにされることが多かったので、そもそも集団での会話の仕方を学んでこなかった。また、一人で行動することも多かったので、集団での行動の仕方も学んでこなかった
と考えれば説明がつきます。

・自分の好きな話ばかりしてしまう。・自分ばかり話してしまう

これは、中2以降一人でいることが多かった上に、クラスメイトの会話を盗み聞きして、自分も会話に参加した気になっていたり、小説を書くことが好きで、頭の中で会話を作るのが好きだったことから、会話は自分主体のパターンだったので、流れに乗ることの練習ができていない。

・他人の会話に割り込む
・興味のない話には参加できない
・会話が混ざって聞こえる


これは、そもそも実践での会話の場面が極端に少なかったので「聞くターン」を会得できなかった。
「話をしていれば、明るく笑って話題を提供していれば、いい人といってもらえる。面白いと思ってもらえる」というおかしな価値基準があるので、黙っていてはいけないと思ってしまっている。また「話しかけることが自分の存在をアピールする方法。」みたいに思っているので、とにかく話すことばかり考えてしまう。また、上にも書いたように、盗み聞きをしているだけなのに、会話に参加している気になっていた歴史がかなり長いので、集中して話を聞くことよりも、遠くの話を何とか聞こうとする能力が育ってしまったため、どの会話に集中したらいいのかわからず、会話が混ざる。

・言葉の幼さ、ボキャブラリーの少なさ、意味の間違いの多さ・行間の意味をとる、裏の意味をとるのの苦手・話の内容をまとめられない

これは、もう文句なしに、会話の実践の少なさが原因と思われる。難しい言葉や、比ゆ表現、裏読み表現を獲得するべきときに友達と話さずに一人で本を読んでいた時間が長かったので、本で読んだ表現しか覚えることができなかった。触れる言葉が少なすぎた。
話の内容をまとめられないのも、会話の経験が少ないから。短時間でまとめる能力が育たなかった

こう考えると、コミュニケーションの部分はかなり、説明がついてしまいます。

コミュニケーション以外にも、ととには苦手がたくさんあって、その中には、恐ろしく激しい対人緊張が関係していると考えられるものもあれば、

他人の家のコタツや布団に、感触が嫌だと言う理由で触れない(触れるけど気持ち悪くて嫌)
とか、髪の毛を指にくるくる巻きつけたり、毛先を指にこすりつける間隔を楽しむという神経性習癖とも、常同運動ともとれる行動が小さいときから今までやめられないとか、時間の感覚をつかむのが恐ろしく下手とか、好きなことには恐ろしいまでの集中力を発揮できるけど、それ以外はなかなか集中できないとか、はまるとそればかりになってしまうとか、過去の学習では説明のつかない部分もありますが、とりあえず、K病院の二人の医師の診断では「ととは発達障害ではない」という結論になりました。

特に、奈々先生はかなり信頼できると感じたので、いろいろありますが、ととはこの診断に従おうと思います。


なので、、、今までは「発達障害のグレーゾーン」と思っていましたが、これからは

「いろいろ間違えて覚えてきてしまった定型発達者」としていきて行こうと思います。

もしかしたら、白にほんの少しだけ黒を混ぜたくらいの薄いグレーぐらいの発達障害寄りの人なのかもしれないですが、医師の診断も「違う」なので、そのあたりは無視して「いろんなことを間違えて覚えている定型発達者」という立ち位置でいこうと思います。

ここで、ととの正体がわかったわけなので、このブログはいったんここで終わりにしたいと思います。
このまま続けるには、あまりにも記事を「発達障害の当事者のような視点」で書きすぎています。
それは、本当にきちんと診断を受けている当事者の皆様にとても申し訳ないことです。
わからないでいたこととはいえ、本当に申し訳ありません。


とはいえ、ととは「そらのさかな」であることは変わりないと思っています。
いろんなことを間違えて覚えているせいでかなんでかわかりませんが、ととの持っている価値観は明らかに「多数派」のものではないです。

今までここに書いたことは、自分のいろいろを整理するために書いたことなので、ひとつもうそはないことは、誓います。それは、信じていただきたいと思います。

この、、、そらのさかな、、、という感覚を、、
今度ははっきりわかってきた自分の正体のようなものを、、、、

書き続ける場所はほしいと思っています。

なので、近いうちに別の場所で、新しく書くことにしたいと思っています。

「発達障害」ではないですが、ととの考えていること。こんな人間もいるんだということ。
もし興味がありましたら、読んでくださると嬉しいです。

新しい場所を立ち上げましたら、ここにURLを書きたいと思います。

このブログで出会えた皆様。
ありがとうございました。これからも、皆さんを応援しています。
ご縁がありましたら、またお会いできたら嬉しいです。



行って来ました。

発達障害外来の初診に行って参りました。

大学病院の精神科は初めて・・・。意外と怖くなかったです。

受付を済ませて、まずは問診表記入。
質問項目に出生時の事を聞くことが結構あって、、、予想してたけど。。。。

初語はいつですか??内容は??
二語文を話したのはいつ頃ですか??

歩いた時期、ハイハイ、おすわり、、、などなど。

母に発達障害の事を話すと怒り出すので、母子手帳を借りることはおろか、聞くことすらできなかった項目です。

聞かれるとは思ったけど、、、やっぱりね。
そのへんは、まったくかけませんでした。空欄。

問診にはAQテストがついてました。
実はネットでやったことあるけど、ここはあえて、もう一度きちんと自分に問い直す。
ネットでやったときと違う所に丸をした部分もありました。
多分、今回のが一番自分に近いと思う。

ととの番が来て、先生と30分近くお話。
今までの心療内科では初診でも長くて10分だったのに。。。

最も、終ってから「ああ、こんなに時間が経ったんだ」って思ったけど。

今困っていることから、家族構成、昔の話へ。

ある程度話したところで、先生からの言葉はととの予想には反していました。

「発達障害では、ないと思います。」

先生いわく、、、、確かにととの話した内容には、発達障害の診断基準を満たすことは結構あるそうだ。だけど、、、項目がすべて当てはまっているわけではないことや、目線が合わないなどの独特の感じがないので、そうだとは言えないという話だった。

これは、先生のたとえ話。

「本当に発達障害がある人は、目が見えない人のようなもの。
見えないのだから、自分がおかしいという感じも持っていない事が多い。」

あたしは、自分がおかしいと言う認識がある。だから、見えている。
だから、違うのではないか、、、


と言うことらしい、、、、。

それから、大人になってからなる物ではない、、、とも言われた。
この最後の言葉は、ととだって知ってるんですけど。。。。という気持ちだったけどね。

だから、付け加え。

「子どもの頃は、自分がおかしいと言う感覚は、なかったですよ??中学生でいじめられてそう思いました」って(もっと稚拙な言葉だった。)

それは、、、ある意味感覚としては正しい(何が??)と言っていたけど。

結論としては、ととのうつ状態が治らないのは、新しいタイプのうつ病に通ずるものがあるかもしれない。原因として、パーソナリティの問題かもしれない。

ということで、同じ病院の別の医師(発達障害の専門医ではなく、認知療法系の事に強い精神科医)
の診察を受けて、その医師の判断で、やはり発達障害外来で見たほうが良いと言う事になったら、またこっちに戻ってきて、詳しい検査をしましょう、、、と言う事になりました。

恥ずかしい話ですが、今日初めて心から「診断があってもなくても、苦手や困りごとがなくなるわけでもない」という話を実感しました。

今日の診察ではととは発達障害ではないと言われましたが、帰りの段階でもいろいろ困りごとや戸惑いはありました。

本当にそうですね。

今もご飯を作らなくちゃいけないのにブログやめられない。優先順位がたがたで時間がなくてイライラしてますし。

とりあえず、次回の診察でどう出るかワカリマセンが、現時点では発達障害の診断基準を満たすとはいえないらしいので、取り急ぎブログ村のバナーははずしました。

皆様のブログへの書き込みもしません。(見には行きますが。)

専門医の見立ては定型発達の範囲内で、発達障害ではないとのことですが、これだけは誓って言えます。

今までととがこのブログに書いた事は、ととが、本当に感じていた事です。

今後もわからないこと、疑問に思ったことは書きます。
大きな声で「わからない」って言える場所が他にないので。

ととは自分が空の魚だと言う感覚ははっきりあるので、、、、

原因不明ですが、生きにくい世の中を過ごしている1人のたわごととして読んでくださると嬉しいデス。

今までありがとうございマス。これからもよろしくお願いします。



妹との時間でのエトセトラ

妹の家にお世話になった一日でととの抜けてるところから来る失敗がやっぱりまたかなりあった、、


その1 とと、鈴ちゃん、幼なじみのみいちゃん、まいちゃんとみいちゃんの娘ゆりちゃんとお昼を食べに行った時の事。

お店の前でしばらく待たされる事になり、待っている間にみんなでお店の前に出ていたランチメニューの書いたボードを見て「ランチもあるんだねー」って言ってた。ととはパーッと見て、一番上にととの好きそうなオムライスの写真が乗ってたから、それにしようと決めて後は見ずにゆりちゃんと遊んでいた。

呼ばれて注文をするときに、写真のない、個別テーブル用のランチメニューを見ながら、さっき見たやつの名前を指差して「これ」と頼もうとして、鈴ちゃんに「それ、コースだけどいいの?」と言われてびっくり。どうもその店のランチメニューは、よくある「ランチにはサラダとドリンクが着きます。ランチの対象になるのは以下のオムライスです」タイプではなく、オムライスランチ、プレートランチ、ランチコース、といろいろと種類があったらしいのだけど、ととはよく読まずにオムライスの写真とサラダとアイスティーのしゃしんだけ見て自己流解釈をして、決め付けてメニューより興味をそそられる、ゆりちゃんと遊ぶ事を大事だと思っていた。

席についてからもう一度小さい手元に持つメニューで見たのだが、まったく気付かなかった。

コースにはサラダとドリンクとアイスまで着いてくるけどそんなにいらんと思ったので、ランチにはしないでオムライスだけ食べた。(単品にもできたので。)とっさに手元の写真のないメニューから違うランチは選べなかったから。

みんなドリンク着き。ととだけなし。

みなさん、ととはドリンクがいらないのでも節約してるのでもないです。

そういう勘違いがあったから。

アイスティー飲みたかったナー。

頼みます。重要な事を小さな白抜き文字で書かないで下さい。

ととの誤認もですが、ととが読めなかった部分は薄いオレンジの背景に白抜きの小さい文字で書いてありました。

その2 鈴ちゃんちにはWiiがあって、似顔絵チャンネルのソフトで家族の似顔絵を作ってました。ととのだんなくんのがなかったので作る事になったのですが、とと、見たらわかるけどだんなくんの顔を覚えていないらしく何もないと思い出せない。鈴ちゃんに「どんな感じだっけ?」と聞かれて「えー?どんなんだっけ??」と答えていました。顔の輪郭とか髪型とか目とかパーツごとにサンプルから選ぶのですが全部「うーん」と悩みながら選択。鈴ちゃんに「毎日一緒にいるのになんで覚えてないの??」と言われましたが、返す言葉がありませんでした。

その3 最終日は鈴ちゃんと鈴ちゃんの旦那も一緒にお出かけしました。お昼の時、食べ終わってとと達姉妹がトイレに行っている間に鈴ちゃんの旦那が御会計を済ませていました。当然ととの気になるのは自分の分の支払い。旦那さんに聞いたら一回目はぼーっとしてたらしく聞いておらず。改めて聞くと曖昧に笑いながら「大丈夫ですよー」と。とともつられて「あははー、いいのー?」旦那さん「いいっすよそんなん、大丈夫っすよー」

とと「あははー、そう?」

だけど落ち着いて考えてみるとととは自分の分を払うのか払わないのかはまったく理解しておらず、、、不安だったのでもう一度「で、あたしの分はどうしたらいいのかな?」と聞いて同じ会話を二度してしまった、、、。上にありがとうも言えなかった。
なんか失礼でごめんなさい
でもととは自分が払わなくちゃいけないのに「ありがとう」とか言ってしまう事が過去に何度かあり、本気でどうしたらいいのかわからなかったのです。
泊めてもらった上にお昼もごちそうになるなんて、、、はっきりお礼もいわないし。なんて失礼な。我ながら嫌になる。
後で妹にこっそり自分の分をわたすとか言う裏技もあったなと思ったけど
気付いたのは帰りの新幹線の中だったし、店を出た時点で金額自体を忘れてたのでどっちにしろ無理、、、。

ご迷惑おかけしました。
すみません、、。

努力してんのにこれです。まったくもう、、、。

ひそひそ場話と、赤ちゃんの力の限りの泣き声

ととが、世の中で激しく嫌いな物の中に「ひそひそばなし」「赤ちゃんが力の限り全力で泣く声」があります。

まったく共通点のない2つの声ですが、聞いた時のととの気持ちは実はほとんど同じです。

ひそひそばなしも、赤ちゃんのスゴイ泣き声も聞くとすごく怖くなります。

恐怖一色、、。

木曜日、久しぶりに学童でさつき先生とあや先生が台所でひそひそ話をしてました。
ととは、台所のドアの裏の所で、壁に寄りかかってゆいちゃんに本を読んであげていました。

だけど、2人のひそひそ話が始まると、本に集中できなくて。
なんだか怖くて、すごくイヤで。


ゆいちゃんに「ととせんせい、どうしたの??」

って言われました。

ひそひそばなしを聞くと、なんか現実からどっかにいってしまうみたいです。

電車の中で起こる聴覚過敏も、きっかけは人のひそひそごえと、ぎゃはあって笑いあう声だったりします。
(だから、中高生の集団は嫌い。苦手。)

そういうの聞くと、一瞬固まります。
怖いというか。

赤ちゃんの泣き声も同じ。
うるさいからイライラするんじゃなくて、
心が固まる感じです。
怖いって言うか、集中できなくてどっかにいってしまう感じ。

ひそひそ話も、赤ちゃんの声も、、、、
聞くと深い穴のそこに落とされた気持ちになります。

まったく違う音なのに、何でかなって思ったのですが、、、、。

2つに共通する物が唯一つ。

昔あった嫌なことに直結している。ひそひそ話は、中学の時にいじめられていた時にいつも聞く嫌なものだった。
ととの悪口言われて、傷ついて、、、怖かった。その場にいるのがイヤだった。
何をしても言われるから、何をしたらいいのかわからなかった。

赤ちゃんの泣き声は、、、
保育園に勤めていたときを思い出させる。

ととに泣きながら、すがってくる子がいた。
ととが彼を抱っこすると、いつも先輩保育士から叱られる。

「泣くからって抱っこばっかりしちゃだめ。保育園なんだから、一人の子ばかりかまわないで。」

だけど、、、彼は泣く。力いっぱい。
抱くと叱られる。だけど、、、ととが抱っこしない限り、彼は力の限り泣き続ける。

どうすればいいの?わからないよ。
パニックだよ、怖いよ。

フリーズして、動けない、、、、。恐怖。

今は違うのに。
ととの悪口を言う人はいないのに。
買い物先で泣いている赤ちゃんは、ととには関係ない子どもなのに。

まるで、、、
まるで、、、

その場に戻ったかのような、、、、リアルな怖さに襲われる。

聞きたくない。やめて欲しい。

ととは関係ないのに、何もされてないのに。怖くなる。。。

これも一種のフラッシュバック??
でも、、、「音」が原因の物もあるんだろうか。

原因がわかったところで、防ぎようがないから、どうにもならないんだけど、、、、。


Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

長いメッセージは、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Extra

プロフィール

魚々(とと)

Author:魚々(とと)
「とと」といいます。普通に生きてるつもりなのに、いつもまわりの世界からずれてしまう、、、。という特徴を持っています。だからとっても生きにくい!!

ここでは、日常に起こるそんな事をつれづれなるままに語ります。

♪元々どっかなんかずれてるところがあるので、なんかへんだな~って思う ことも書いてあるかもしれません。だけどあたたかく読んでくれると嬉しい  な。

♪なるべく思ったことをそのまま書きたいので基本コメント欄はクローズ    デス。。気が向いたときだけ開けるかも知れません。


よろしくおねがいします。




♪このブログに良く出てくるとと以外の人物♪

・だんなくん  ととの旦那さん。ととのよき理解者。自称「せっかちで心配性」だけど、、、、やることリストを作らないと次の日の仕事が不安でできないのでやることリスト作りに1時間かける、子どもの頃はテストの問題におかしい点があると職員室に乗り込んで徹底的に先生と戦い「お前が言っているのは屁理屈だ」と言われる、ちくちくするのが嫌で毛糸の製品は一切使えない、、、など、さかな疑惑をもたれてもおかしくない感覚も持っている(だから、とととうまくいく??)

・女先生    ととの勤める学童の元正規指導員。(10月からバイトに)子どもと一緒にいろんなことを楽しむ姿勢のある基本的には素敵な人。だけど、たまにととには何か理解できない行動をとったり、理解できない発言をしたりする。

・男先生   学童のもう1人の正規指導員。ととより4つ年下。少し頼りない

・あや先生  10月から女先生に変わり、学童の正規指導員になった先生。遠足やおおきい行事の後は、バイトの人へのお疲れ様メールを欠かさない、社会性に長けた人。その点は見習いたい。

・さつきせんせい  学童のバイト仲間。保育士の勉強中なので、発達障害関係の知識が少しある。ASの知識もありマス。

・ゆいちゃん    学童の子ども。ととに異常になついてくれている。遊びがパターン化してる、勝ちこだわりが異常に強い。自分視点で世界を見る。記憶力が異常にいい、言葉遊びが好き、、などASを思わせる特徴がある。言葉遊びはととも好きなので、よく2人で盛り上がる。

・ポプラくん    学童の子ども。いつも声が大きい、あたりが騒がしいときょろきょろして落ち着かない、指示が聞こえてないときがある。自分がすることがわからないとうろうろしだす、、、などの行動をよくしているのことと、目線が合わないので、この子もおさかな??と思うことがある。ゆいちゃんの次にととが良く遊ぶ子。


・鈴ちゃん     ととの妹。1歳半年下。関西在住

・美和ちゃん   ととの妹。4歳下。

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。