Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめカンタービレの音楽会

昨日書いたように、今日は旅行の事を書きます。
行き先は関西でした。なぜ、関西か。

理由は簡単。兵庫県は西宮で行われる「茂木大輔の生で聴くのだめカンタービレの音楽会」にどうしても行きたかったからです。

通称「のだめ音楽会」です。

この音楽会はのだめファンの間では結構有名な音楽会です。
のだめカンタービレで出てきた曲を演奏します。
ただ、演奏するだけじゃなくて、曲に合った漫画の絵や曲の解説を大きなスクリーンに投影しながら演奏するのです。
漫画に出てきた曲が生で聴けるだけじゃなくて、、、そういう演出もあるので、ファンにはたまらない音楽会です。

今回も、とっても楽しかった。
この音楽会、残念ながらいろんな関係で、ととの住む地域ではやってくれません。
ととは神奈川在住なので、他の演奏会なら近くでたくさんやっています。
だけど、のだめ音楽会となると、、、。
今まで行われた一番近い場所は静岡か群馬か、、と言う感じです。

だから、行きたいと思ったら毎回「旅」になります。
ちなみに5月に静岡であった公演にも1泊旅行で参加してきました。

それも楽しかったけど、今回はそれを上回る楽しさでした。
ととが一番好きな曲をやってくれたからです。

「ラヴェル・ピアノ協奏曲ト長調」です。

西宮の公演で、この曲をやると言う情報を仕入れたとたん、1秒も迷わずチケットを取る作業をしてました。

絶対に生でラヴェルのト長調を聴きたい!!!って思ったからです。

どうしてととがそこまでこの曲が好きなのか。
それは、のだめちゃんの運命の曲だからです。

この曲を聴いたのだめちゃんが、一目で(聴く、だから一目、、じゃないよな。じゃあ、なんていうんだ??この場合)大好きになってしまい、千秋先輩と共演したい、って思うようになる曲だからです。
だけど、実際にはライバルのRuiが先に共演してしまい、、、というのだめの中ではかなり重要な役どころの曲。

そんなのもあって、ととはこの曲が大好きなのです。

CDでは何回も聴いてるけど。
生で聴くとどんなのなんだろう、、、。
と、わくわくで行きました。

実際聴いた感想は、、、とにかく感動した!です。
ソリストのピアノの音がなんかきらきらしてて。オケとの響きも素敵で。
いいなあって感動でした。

映像と曲も合ってたし。のだめの世界にめっちゃ入り込んで聴きほれました。
ピアニストの手の動きがしっかり見える席で。
手の動きがすっごく早くて。これがまたすごい!って感心でした。

(余談ですが、ここではしっかり感想語っていますが、明後日仕事に行ってバイト仲間に「どうでした??」と聴かれたとしても、同じようにしっかり感想を言うことは多分できないと思います。反射神経が鈍いと言うか、会話の反応速度が遅いと言うか、会話になると頭回らないというかでとにかくととは人に質問されて自分の言いたい事をすらすら言えたためしがありません「あ、良かったデス!」って一言言って終るだろうと予想しています。良かったデス!の後にととが言いたいこと頭の中で組み立ててる間に、相手はこの話題終了、、ってなってることが多いのです。残念、、、。)

ラヴェルのト長調聴きながら本当に泣きそうになりました。


もちろん、他の曲も良かったですヨ。。
漫画と同じ演出つきの「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
とか、、、

チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲とか。。。

また行きたい。

不思議な話なんですが、この旅行はなぜか「芸術鑑賞の旅」になってしまい、、、。
のだめ音楽会の他にも劇団四季の「オペラ座の怪人」を見たり、吉本新喜劇を見たり、宝塚歌劇を見たりしたんですが、ととはそのいずれもで少しずづ寝てしまいました。宝塚は半分近く寝ていました。
劇団四季はだんなくんが「オペラ座の怪人で寝るのはもったいない」って言ったので頑張っておきていましたが、それでも途中何度か意識が、、、吉本に至っては「漫才聞きながら寝る人初めて見たんだけど」とだんなくんに言われました。

でも、こののだめ音楽会ではととは一秒も寝ませんでした。眠いとも感じませんでした。
「演奏会」という、一番寝そうな催し物なのに。

演奏会の後ご飯を食べにいってほっと一息ついて、、、
演奏会に行っただけなのに、なぜかとても疲れているのを感じました。
そして、なぜか肩がこっていました。

ああ、ととは、全身全霊をこめてあののだめ音楽会を聴いてたんだなあって、、、。
そんな事に気付いたのでした。
そこまで集中できたのは、のだめちゃんの音楽会だったからなんだなあって。。。
普段は結構集中力はないほうのととだけど。
のだめちゃんに関しては話は別なんだなって思いました。
いきにくいお空の世界で、、のだめちゃんはととには唯一の安らぎなのかも、、って思いました。
のだめちゃんの事になるとまさに「水を得た魚」状態になるととです。

のだめちゃん、大好き♪

ちなみにととは会場で売られていた茂木大輔さんこともぎぎせんせいの著書を買いました。サインをもらえるからです。
色々ある中でととがセレクトしたのは「音大進学・就職塾」という音大に進みたい人、そういう子を持つ親に向けて書いた「音楽の世界に関するいくつかの誤解を解き、音楽の世界に進もうとする人に「やめときなさい」とアドバイスしたり見守るのに役立つ本」です。
もぎぎせんせいの著書の中で一番新しいのを買ってあげたい、、、と言う想いが大きかったけれど、、
ちょっとだけ「将来、役立つもんね」と思いました(笑)

だって、ととの娘は将来音大生になる予定ですもの。
ピアニストになって、いろんなコンクールで入賞して、もぎぎせんせいと共演しちゃうんですもの。
のだめちゃんだもの♪
と、むすめもいないうちからリアルに想像しているととなのでした。

次回は旅行中に困ったこと編を書くかもしれません。

のだめちゃん記念で(意味不明)気まぐれコメント欄をオープンにして見ます。
なにか、感想などありましたら、、お気軽にどうぞ。
あたしも行きましたとかあったら嬉しいデス。。(←のだめちゃんのまね)











スポンサーサイト

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

長いメッセージは、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Extra

プロフィール

魚々(とと)

Author:魚々(とと)
「とと」といいます。普通に生きてるつもりなのに、いつもまわりの世界からずれてしまう、、、。という特徴を持っています。だからとっても生きにくい!!

ここでは、日常に起こるそんな事をつれづれなるままに語ります。

♪元々どっかなんかずれてるところがあるので、なんかへんだな~って思う ことも書いてあるかもしれません。だけどあたたかく読んでくれると嬉しい  な。

♪なるべく思ったことをそのまま書きたいので基本コメント欄はクローズ    デス。。気が向いたときだけ開けるかも知れません。


よろしくおねがいします。




♪このブログに良く出てくるとと以外の人物♪

・だんなくん  ととの旦那さん。ととのよき理解者。自称「せっかちで心配性」だけど、、、、やることリストを作らないと次の日の仕事が不安でできないのでやることリスト作りに1時間かける、子どもの頃はテストの問題におかしい点があると職員室に乗り込んで徹底的に先生と戦い「お前が言っているのは屁理屈だ」と言われる、ちくちくするのが嫌で毛糸の製品は一切使えない、、、など、さかな疑惑をもたれてもおかしくない感覚も持っている(だから、とととうまくいく??)

・女先生    ととの勤める学童の元正規指導員。(10月からバイトに)子どもと一緒にいろんなことを楽しむ姿勢のある基本的には素敵な人。だけど、たまにととには何か理解できない行動をとったり、理解できない発言をしたりする。

・男先生   学童のもう1人の正規指導員。ととより4つ年下。少し頼りない

・あや先生  10月から女先生に変わり、学童の正規指導員になった先生。遠足やおおきい行事の後は、バイトの人へのお疲れ様メールを欠かさない、社会性に長けた人。その点は見習いたい。

・さつきせんせい  学童のバイト仲間。保育士の勉強中なので、発達障害関係の知識が少しある。ASの知識もありマス。

・ゆいちゃん    学童の子ども。ととに異常になついてくれている。遊びがパターン化してる、勝ちこだわりが異常に強い。自分視点で世界を見る。記憶力が異常にいい、言葉遊びが好き、、などASを思わせる特徴がある。言葉遊びはととも好きなので、よく2人で盛り上がる。

・ポプラくん    学童の子ども。いつも声が大きい、あたりが騒がしいときょろきょろして落ち着かない、指示が聞こえてないときがある。自分がすることがわからないとうろうろしだす、、、などの行動をよくしているのことと、目線が合わないので、この子もおさかな??と思うことがある。ゆいちゃんの次にととが良く遊ぶ子。


・鈴ちゃん     ととの妹。1歳半年下。関西在住

・美和ちゃん   ととの妹。4歳下。

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。